薬科大学についての詳しい解説サイト

薬の知識を学びたいなら薬科大学へ

この度は、「薬科大学ナビ」をご覧になって頂きまして誠にありがとうございます。

当サイトでは、薬科大学を目指したい方にとって有用な情報を中心に掲載しています。

 

薬科大学への入学を目指したい方はもちろん、進路を迷っている方も是非最後までお付き合い下さい。

 

薬科大学とは、原則として薬学部しか設置していない大学のことを指します。ただし、最近では、例えば生命科学部のように薬学部と何らかの形で関連する学部を設置する薬科大学も増えてきました。

 

これは、薬学部だけでは大学の経営が成り立たないからでしょう。知名度の低い薬科大学においてはこのような傾向が顕著に見られるようになってきています。

 

薬科大学は基本的に薬学部しかないため、総合大学よりは専門性が高く、一般的に高度で専門的なカリキュラムが履修できると言われています。

 

しかしながら、薬科大学が全てその通りということではありません。総合大学であっても、薬学部に非常に力を入れているところもあり、薬科大学並みのカリキュラムを履修することができます。

 

進路を決める際は、薬科大学=専門性が高いという先入観を持たずに、総合大学も含め、色々な大学について幅広く検討する必要があると思います。

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、
卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

大学とは?@

このサイトをご覧になって頂いている方の中には、そもそも大学とは何をするところか?という疑問をお持ちの高校生の方もいらっしゃるでしょう。ここでは、薬科大学についてお話しする前に、まずは大学一般について見ていきたいと思います。ここで述べたことの大半は薬科大学にもあてはまると思いますので、是非ご参考下さい。 大学は日本における教育・学術研究の最高機関と言われています。このことは大学卒業者が就職していくことが多い点からも明らかですね。

 

大学に入学するためには、原則として、高等学校を卒業しなければなりません。ただし、高等学校卒業程度認定試験に合格した方は、高等学校を卒業したものとみなされます。

 

となると、大学の授業では高校卒業程度の知識がないと授業についていけないのかという疑問が出てきます。あくまでも私見ですが、文系学部については法律や経済、商業など高校で学ばなかったことを学ぶことが多いため、それほど高校で習った知識が問われることはないと思います。しかしながら薬学部の場合、お薬の分子構造などを理解するうえで、高校の化学の知識が曖昧だと非常に苦労すると思います。とりわけ、お薬は複雑な分子構造でできていますので、有機化学が理解できていなければ授業についていくのが大変になるでしょう。

 

大学とは?A

このページでは、前のページに続いて大学についての続きを見ていきたいと思います。

 

大学は短期大学を除き、通常は最短4年で卒業することができます。仮に4年間で卒業要件を満たさなかった場合、留年となります。留年となった場合、卒業に必要な要件を満たしたときから起算して、直近の3月に卒業となることが一般的です。ただし、入学から8年以内(ただし、大学により若干差がある)に卒業要件を満たさなければ強制退学となってしまいますので注意が必要です。

 

ただし、薬剤師を目指す方を対象とする6年制の薬学部の場合は、最短6年間在籍しなければ卒業することができません。仮に6年間で卒業要件を満たさなかった場合、入学から12年以内に卒業要件を満たさなければ強制退学となるケースが多いようです。

 

ここでいう卒業要件とは、必修科目の単位をもれなく取得し、かつ、選択科目で取得した単位を合わせて学部が規定する、卒業に必要な単位を取得することを指します。6年制の薬学部の場合、大学により若干差がありますが、おおむね180単位前後になることが多いようです。卒業要件を満たすと、3月頃に行われる卒業式に出席でき、その際に「学士」の学位が授与されます。薬学部卒業の場合、「学士(薬学)」の学位が授与されます。